注文住宅を建てる場合は可成り面倒な面もあるようです

注文住宅を建てる場合は基本的には土地が必要になっていますが、此の土地を選ぶのが一つのポイントになって、結局は自分にあったいい土地が見つからず建売住宅にしてしまったということも有るようです。
拙宅の場合は、幸運にも親父が半農家だったので土地を譲ってもらったわけですが、しかし、環境や諸条件に比較した場合は、必ずしも満足いける場所ではなかったのです。 ただ、何と言っても土地代がかからないという最大の利点がありました。

そんな訳で、いざ注文住宅を建てる段になったからは、家族4人が普通に暮らしていける程度の小規模な平屋の家を建てました。 この際、親父の知り合いでも有る地元の工務店に依頼しましたが、基本的には3LDKならどのような造りでもいいですよ、等と適当に御願いしたわけですが、いざ工事にかかる時になると、外壁はどうするとか、屋根の種類はどうするとか、内装や壁の模様、床張りはどうしようかとか、其れに肝心な台所のキッチンや洗面台の種類、などなどと一つ一つ聞いてくるのです。 

終いには、面倒くさくなって、「適当でいいよ」等と返事をしてしまったのです。 すると、「○○さん、自分の家のことなんだから、もっと真剣でないといけないよ、後からアーダ、コーダと言われても駄目なからね」と一言言われてしまいました。
注文住宅を建てる場合は理想の建物とは言われますけど、此のように可成り面倒な事もありますので、真剣に取り組む必要もありますね。