コンセントの多い住宅はとても快適!

建売住宅でも時々、「この部屋、コンセント多すぎじゃない!?」と、思ってしまうほどに、コンセントの多い物件がありますけれど、コンセントが多くて悪いことはありませんから。注文住宅にしましても、とりあえずコンセントは多めにつけておいて、後々困ることもありませんからね。赤ちゃんがいる場合でも、差し込み口をガードするグッズも出ていますし。

コンセントは部屋の四隅全部にあってもかさばるようなものではありませんし、本当に「あって損はないもの」だったりするのです。と、いうよりも、むしろコンセントがない方が困ることになったりするのですよね。コンセントの位置によって、インテリアの自由度も変わりますから。コンセントの数が少ないと、電化製品を置ける場所が制限されますが、コンセントが多めにあれば自由自在に模様替えもできますからね。

後からコンセントを増やすのはなかなか手間がかかることですし、コンセントはあって困るものではないのです。ですから建売住宅にてコンセントが多いぐらいの物件は、むしろ親切な物件だと思ってもいいでしょう。コンセントは何気にポイントです。